« 2004年7月 | トップページ | 2004年10月 »

2004年9月に作成された記事

当事者はツライよ(笑)

こういう激ショックな出来事があると、落ち込まないようにと気持ちが焦るばかりで、来月からは仕事三昧の日々に逃げるつもりの私です。もう、何かしていないと落ち着かない感じで…自分でも相当ショックであることを自覚しています。本当に冷静じゃいられないんですよね(笑)。

今回の事に当たるには、それこそ「仕事」という風に思わなければ対処できない状態です。相手が全くもって不明で厄介。今は自分で使っていないカード利用分の請求を何とか取り下げてもらうことで精一杯。最悪はこちらで強制的に銀行へ行って振替停止措置をするつもり。自分を守ることって闘うことなんですね。そう実感しています。

でも、この事件のおかげで、家族会議が毎日のようにあるので、変な話だけど、それがせめて救いかな。1人だったら完全ブルーに沈み込んでしまいそうです。ああ、話せる相手がいるって心強いなぁ(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

NOと言い合うことでなく

話合いになればいいんですが…24日にクレジットカード不正利用事件発覚後、ハッキリ言って仕事ができず、早く片付けたい気持ちでいっぱいだが、かといって手を抜くわけにもいかず、仕事と同様に解決の糸口を懸命に探っている。発覚から3日も経てば、少しは冷静に考えられるようになり、これから誰と今何について話し合うべきなのか徐々に整理がついてきた。

他人の事に関わるいわゆる「仕事」と違い、自分自身のことになると本当に冷静じゃいられない。あらためてクライアントの気持ちというものが実感できるいい経験だ。反面、そう思って取りかからないと気持ちは落ち込む一方で、正直、カラ元気(?)でもあるのだが(笑)。

相手の気持ち、意見を尊重しながら、自分の意見、主張をするのは本当に難しい。論理的に話をし、自分自身を客観視しながら話を進めていくのは、私にはやはり相当なエネルギーがいる。

なんとか明日中には、それぞれ話し合う相手との共通項を見い出して前へ進めたいもの。何より自分自身に新たな発見ができるといいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

なんじゃこりゃーっ!!

被害に遭うと相当ヘコみます…クレジットカードの不正利用事件の当事者になってしまい、ものすごくヘコんでしまった私。今日届いたクレジットカードの明細には、身に覚えのない請求額がズラっと並び、心拍数が一気に上がってカッとなってしまった。冷静にならねばと自分に言い聞かせながら、懸命に事態の把握を急ぐ。でも、当然ながら、やはり身に覚えがないだけに、考えようにも考えられず、自分の身に起こったことなのに、どこか他人のフリして、何とか物事を1つ1つ整理できる状態だった。

とにかくカードを利用停止にしてもらい、番号も変えてこれ以上の被害を被らないよう対策をする。被害額、今のところわかっているだけで2社分合わせて約60万円。うむむ、非常に頭が痛い。しかも、不正利用した相手は、どうやら私の個人情報を完璧に入手してクレジットカードを利用したらしく、カード利用時に入力する電話番号やメールアドレスが私所有のものとピッタリだったりするから相当手強い。

今日はクレジットカード会社と決済を代行した会社へ問い合わせ。明日は国民消費生活センターへ電話して相談してみるつもり。ヘコんでブルーが入りつつも、私の調査力総動員(?)で、事の真相掴んでやるっ!と、鬱に入らないよう自分自身を奮い起こして、激ショック状態からなんとか脱したいなぁ…なんて、やはり最後に弱気だなぁ、私ってば(悲)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2004年7月 | トップページ | 2004年10月 »