« 2005年11月 | トップページ | 2006年2月 »

2005年12月に作成された記事

耐震強度偽装事件を見て思ったこと

現場で「プロ」と呼ばれる人たちは、一体何をやっているんだろう……マンションの耐震強度偽装発覚から始まったニュースや報道番組を見るたびに、そんなことも思った私です。が、同時に、プロだから気が付かなかった、気にも留めなかった、あるいは「私らが考えることではない」と判断していたからかもしれないなとも思いました。

どっかの報道番組の中で、「現場では、“ここの鉄筋の本数が足りないぞ”という怒鳴り声が聞こえてきますから、現場レベルでも気が付いている」というようなコメントがありました。そう、多分、経験豊富なベテランの方や、その知識があるプロならば、現場作業員のレベルでも「おかしい」とか疑問に感じることは多々あると思う。ほかのニュースの話ではあるけれど、東京証券取引所でのシステム障害の原因「(プログラムを組むための)作業指示書の記載漏れ」だって、おそらく作業員レベルでも感知できていた人もいるのではないかと私は踏んでいます。

もし、そんな状況に遭遇した場合、一体私たち「プロ」はどう行動すべきなのでしょうか。これを現状と照らし合わせて考えると、非常に難しくて悩みます。本当に私なんて毎回悩んでいますから(笑)。というのも、「モラル」や「良心」だけで突っ走れる状況でなく、「立場」や「力関係」が、仕事(取引・契約)では大きく関わってきます。まして、専門・分業化がさらに進む現代では、より大きく関わってくると思うのです。

かつて私は、「プロ」にも関わらず、「立場」や「力関係」を無視して、「モラル」や「良心」だけを信じて行動した結果、仕事から外されたことが2度ありました。1つは個人情報保護法が出来る前、携帯電話販売・加入申込における契約者個人情報を2次利用することについて反対して、企業内の反乱分子となった時。そしてもう1つは、クライアントの依頼した仕事内容に疑問を持ち、それ以外のことを調べ、重要機密に触れてしまい、これがクレームとなって上がってきたこと。この時に初めて「立場」や「力関係」ということに実感を伴って気が付いた私だったのでした。
失敗から学ぶことって、本当に大きいなぁ(笑)。

よく考えれば、仕事において「モラル」や「良心」が、「立場」や「力関係」を上回ることはない。仕事を請けた時、「モラル」や「良心」といったものが、その中に取り込まれる。「立場」や「力関係」の中で訴えるしかないのかな……と、今は思う私だったりするわけです。
だから、「もっと自分に力があれば」と思うこともありますねぇ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

来年は新しいパスポート

来年はパスポートの有効期限が切れてしまうことに気が付いた私です。期限中に新しい申請しとこーかなー。渡航先によってはパスポートの残存有効期限に気をつけなきゃいけないのが面倒くさいというか、忘れてしまいそうで怖いというか。地道に計画を練って海外に出かけることって少ないから、いつでもパスポートOKにしておかないと、旅行機会を逃しちゃうかなーと(笑)。

そういえば、発給手数料1000円値上がりで、来年からパスポートがIC(集積回路・チップ)搭載になるんですよね。偽変造が難しいとされるIC搭載なんだけど、やはり強い衝撃を加えたり、高温多湿の場所や磁気の強い場所に置いたりするのはヤバイんだろうなぁ。雑な扱いをしないように気をつけないと。←今まで雑だった人

各国の出入国スタンプやビザ(査証)のページを、ぼんやり小1時間ほど眺めた私。今までのことを思い出す時間に、ちょっと癒された感じがします。

自分の旅を証明するパスポート

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2005年11月 | トップページ | 2006年2月 »