« ハブ皮のクローバー再び | トップページ | チベットでの暴動 »

日本から寝台特急が消える日

今日からJRは春のダイヤ改正。
東京-大阪間を走る「銀河」、京都発着の「なは」と「あかつき」。
深夜を走る特急列車・ブルートレインがまた消えた。

長距離の移動手段には、短い移動時間が魅力の新幹線や飛行機、低価格の高速バスが主流になり、深夜の在来線を走り抜ける「動くホテル」として活躍したブルートレインは利用客が減少。車両も老朽化・陳腐化、「時代遅れ」とも言われるようになって、徐々に姿を消していく。

今回のダイヤ改正で「日本海」と「北斗星」も1往復に減便され、来年の春ダイヤ改正では、さらに東京発着の「富士」と「はやぶさ」も廃止が予定されている。

今や日本では、誰もが先を急ぎ、
寝台特急の旅は「時間」と「お金」に余裕のある「贅沢な旅」となってしまったんだな……。

|
|

« ハブ皮のクローバー再び | トップページ | チベットでの暴動 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5605/40511481

この記事へのトラックバック一覧です: 日本から寝台特急が消える日:

« ハブ皮のクローバー再び | トップページ | チベットでの暴動 »