« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月に作成された記事

ウズベクワイン

先日ウズベキスタンから帰国しました。
毎日のようにウォッカを勧められ、滞在中はビールやワインよりも飲んでいたような気がします(笑)。イスラムの国なのに、みんな肉も食べるしお酒も飲むという不思議な国でした。

訪れたブハラではワインテイスティングのお店を見つけ、8種類のウズベクワインを試飲。どれもフルーティで結構気に入りました。
アルコールを飲むというより果実を飲むって感じです。←無論、飲めば酔っ払うけど

ところで今年の1月7日に、田崎慎也と川島なお美がこのお店を訪れていたようで、お店のゲストブックにお名前とコメントがありました。

お店のゲストブック

私が飲んだワインの感想は、川島なお美とほぼ一緒。←なんかうれしい。
訓練(?)すればワイン通になれるかも?>私

渋くなくて甘すぎず、とても香りがいいなーと思った1本を、私は日本へ持ち帰りました。
オマル・ハイヤーム」おすすめのタシケント産赤ワインです。

旅行中は久しぶりに物乞い(子どもを含む)と遭遇し、今でもちょっと考えている私です。
ウズベクワインを飲みながら(笑)。

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

変形性頚椎症

たぶん、そーなんだろうなーと思います。

昨晩の仕事中に痛みを覚え、そのまま就寝したら仰向けから起きられなくなりました。
起き上がろうとしたり、首を動かすと、やたらと左の肩甲骨周辺が痛い。寝返りが打てず、痛みと共に左腕の先まで痺れを感じて力がうまく入らない。
ウズベキスタンヘ行く前に症状が現れるなんて、タイミングが悪いなぁ(苦笑)。

この症状が現れたのは1年振りくらいかも?
前回も仕事中に痛みが走り、3、4日間はずーと痛かった。首を動かすと痛みが走るので、車の運転が辛かったことをおぼえている。
その前に痛くなったのはいつだろう?ひょっとして17、18年以上も前かもしれない。

──歳を取ると、そのうち痛くなるよ。
大学生の頃、左腕に痺れを覚え、病院で首のレントゲン写真を撮ってもらった。
そのときは特に病名を聞いた記憶はないのだけど、首のところで神経が圧迫されているとかなんとか(?)で症状が出ると言われたっけ。
ひどいときは手術して骨を削る必要があるのだったかなぁ。。。

──交通事故にあったことがありますか?
病院で診察してもらったときに聞かれた。外傷性の原因も考えられるということかな?

今までのように、自然と痛みがなくなって治って欲しいなぁ。
とりあえず、痛み止めの湿布で様子をみよう。
再び病院で診察を受けるのは、ウズベキスタンから帰ってきてからだな。
(あと歯医者にも行きたいんだが)

| | コメント (5) | トラックバック (0)
|

ウズベキスタンへ!

連休明けの週末から出かけてきます。
ウズベキスタン共和国は1991年のソ連崩壊によって独立した国。インドより西、イランの北、西にカスピ海、北にアラル海と言えば、おおざっぱな位置は想像できるでしょーか?歴史好きな人には「ティムール帝国」と言えばわかるかな?

遥かなるシルクロードのオアシス都市に想いを馳せるほどの歴史好き!ってわけでもないんですけど、その国が中央アジアにありながら、私たちと同じ「緑茶文化」を持つと知り、いつかは訪れてみたいなーと。何より一度は、空の青とトルコブルーのサマルカンドへ足を踏み入れてみたかったのです。

寒暑の差が大きくて乾いた大陸・砂漠性の気候の国だから、行くなら最も穏やかな季節の春、5月がいいだろうなぁ……と、10年前から密かに(←?)心に決めておりました。まぁ、行くまでに10年もかかっちまったけど(笑)。

あー、そろそろ荷造りも始めないとなー。
というわけで、このGW期間中は、私、ガッツリ仕事しております。
そのあと、1週間ほど不在になりますので、どうかご承知くださいませ~>関係者各位

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »