« 2008年6月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年7月に作成された記事

お伊勢まいりじゃ!

古来より、日本人の旅は「お参りの旅」だった(らしい)。でも、よく考えたらコレって、万国共通のような気もするんですけどー。(←ひとりノリツッコミ)

というわけで来月の上旬、念願の「お伊勢さん」へ行ってきます!
(んで、お伊勢参りの後は大阪へ寄ってから帰ります~)

私が参加している旅行サークルで「伊勢赤福氷ツアー」の話題が盛り上がり、「この夏は忙しくて行けないじゃん!」と思わず叫びながら涙した昨年の私。(←でも、赤福の事件もあってツアー延期になったけど)だからリベンジ(?)ってわけじゃないけれど、ちょうど大阪を訪れる機会もあるし、ちょっと寄り道すれば行けないこともないしなーと思って、青春18きっぷ&強行スケジュールで行くことに昨日決めました。

が、今日になって伊勢出発の前日に、都内の仕事が舞い込んで、私、ちと考えました。仕事が終わってその日に家へ帰り、翌朝また都内へ出て伊勢へ向かうのもなんだなぁ……。

はじめは大阪2泊3日の旅だったのが、お伊勢参りで3泊4日、都内の仕事が入って4泊5日の旅に化けてしまい、うれしいけど、ちょっと困ってしまった私でした。
(仕事の後、がんばって「18きっぷ」で名古屋までは移動したいなぁ←行けるか微妙)

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

世界遺産落書き事件

日本のメディアと世間が大騒ぎしたイタリア・フィレンツェの大聖堂に女子短大生が記念の落書きをしたことが発覚した事件。その後、大学長と女子短大生が謝罪に訪れ、大聖堂側はそれを受け止め、修復個所に校名を入れたタグを付けたいと申し入れがあったそうです。落書きした場所に「学校名を入れたタグを付ける」という大聖堂側の発想にちょっとビックリ。せっかく消した落書き(学校名)を、わざわざまた掲示するなんて、ちょっと考えられないことだけど、いやいや、これは「特別なケース」の話なんだろうなぁ。

世界遺産に落書きした女子短大生がいたと聞いて、なんて愚かなことをしてくれたのだ!と頭を抱えた人も多かったようですが、実はその聖堂、世界各国の言語の落書きだらけだったことは、意外と知られていない(報道されていない?)ことだったりする。

実際に旅をしたことがある人ならわかっていることだと思うけど、世界遺産といえども(?)、結構「落書き」というものは多く見られるもの。女子短大生が書いたひらがなの名前と学校名とハートマークは、その中の1つに過ぎなかったのです。(だから落書きしてもいいのでは?ということが言いたいのではありません)

中国・北京の万里の長城も落書き(落彫り?)だらけ

当初、「落書きを消しに行く」と言った学校側の申し出を聖堂側が断ったこともニュースで流れ、それを知った何も知らない人たちはまた大騒ぎ。聖堂側が申し出を一度断わった理由は、なんてことない、「落書きの消去作業が年1回必ずあるから(来なくていい)」。つまり、聖堂側は「落書きは当然あるもの」として、年中行事に組み入れられていたのです。
「落書き禁止」の注意書きはあるけれど、現実にはほとんど黙認状態。これは言い過ぎかもしれないけれど、「そういう場所」だったのでは?ならば、関係者以外がとやかく言うことではないような気がするんですけどー!

……と、ある週刊誌の記事を読んで、そんなことを思った私です。

落書きすることはイケないことだと思いますが、
それより「こんなこと(←暴言?)」で大騒ぎをする日本のメディアと人々に、
ちょっと、なんだかなぁ……と思うし、
この落書きのことを告発した日本人旅行者の、
そういう感覚のほうが、ちょっとおかしいのでは?とも思うんだけど。

今回の事件、落書きした学生と大学関係者の皆様、
本当にお気の毒で…という気持ちが強いのです>私

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

馬拉糕(マーラーカオ)

「同發」の中華菓子

中華風カステラ、中華風蒸しパンとも呼ばれ、もちもちとした食感がたまらないお菓子である。基本的には水を一切加えず、ミルクとたまごで作り、しっとり・フワフワしていて、ほんのりと甘く、見た目よりずっしり重い。中国茶とも合うが、個人的は牛乳と一緒に召し上がっていただきたい一品である──。

今週は仕事で横浜に来ています。横浜中華街が近いので、帰りにぶらっと小1時間、ちょっと足をのばしてみました。目的は久しぶりに食べたいと思った馬拉糕を求めて(笑)。

気分的に(?)大通りにある「同發」のような丸いカップタイプが食べたかったので、中華街をぐるぐる回って(?)似たようなタイプを探し歩きました。が、「菜香」や「翠香園」にも残っておらず、馬拉糕を買い求めるには、夜の7時では、どーやら遅すぎるようです。

……うーん、明日の夜、またリベンジだな。←また寄るつもり

というわけで私、今週は横浜ウィークとなっております。
中華街の中にあるとっても気になる旅館・オリエンタルはまだ健在しておりました(笑)。
(夜、旅館のあかりが灯っていて、なんだか安心したなぁ)

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

« 2008年6月 | トップページ | 2008年9月 »