« 震災から1年後(岩手・釜石にて) | トップページ | 東京の人が考える「がれき処理より必要なこと」 »

お城ボくんと只見の雪景色

会津若松駅の「お城ボくん(おしろぼくん)」

写真は会津若松駅構内の「お城ボくん(おしろぼくん)」という観光PRキャラクター。
なんとなーく雰囲気が、タイムボカンシリーズのメカっぽいと思うのは私だけ?どうやら「鶴ヶ城」をモチーフとしたキャラクター(メカ?)デザインのようです。
(両脇の「青森」の旗がまぎらわしいけど、ここは福島県です。念のため)

3月に入ってから、週1回のペースで福島県各地を仕事でまわっております。
(注:週1回=1日とは限りませぬ。場所によっては1回で最大3日間になるんだなぁ)
ほとんどは昨年3月に発生した東日本大震災の被災地ではありますが、昨年7月の新潟・福島豪雨災害の被災地にも足を運んでいたりするのです。

「暑さ寒さも彼岸まで」といいますが、先日の21日に車で通った新潟・福島豪雨災害の被災地である新潟県に近い豪雪地帯・只見の景色はまだこんな感じ。

新潟県に近い豪雪地帯・只見の景色

毎日あたたかな日が続き、これでもかなり雪が解けた風景なのですが、ちょっとわかりにくいですね(苦笑)。冬季は雪で災害復旧が止まっていますけど、春からの再開に向けてコツコツ準備を進めております。5月の連休に入る前までに、少なくともあと1回(2回?)はここを訪れそうです。

|
|

« 震災から1年後(岩手・釜石にて) | トップページ | 東京の人が考える「がれき処理より必要なこと」 »

お知らせ(関係者向け?)」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

旅行・地域[国内]東北地方」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ。
20年くらい前の冬、JR只見線に乗りましたけど、当時もたくさん雪が積もっていてビックリしました。

今度は野岩鉄道、会津鉄道経由で会津若松へ行ってみたいです。
う~ん、何だか旅に出たくなってきました。

投稿: ハク | 2012/03/24 20:49

ハクさん、こんちは!
会津若松の雪はたいしたことないけど、
只見線の新潟県堺の方は、雪がすごいですよねー。
会津鉄道のどっかの駅では、猫の駅長(?)がいるようなので、
仕事じゃなかったら途中下車もしてみたかったのですが~(笑)
(仕事でなく、フツーに旅行してみたいデス!)

投稿: 濱祐 | 2012/03/25 21:02

お城ボくんは、タツノコプロのデザイナーに依頼して
作ったキャラクターのようですよ!

震災だけでなく、災害復旧のお仕事で
各地をまわられていることに感謝いたします。

真面目で暗いコメントだけでは、なにかと思いまして、
こちらにの記事にも足あと残させていただきますヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ

投稿: Anastasiya | 2012/03/27 11:09

Anastasiyaさん、こんちは!
なるほど。タツノコプロのデザインでしたか。(←納得!)

実際に被災地をまわって、いろいろ見て、多くの情報に触れてみると、
なかなかスンナリといかない理由が見えてきて、いつも悩んでます。。。
(旅行とかボランティアでなく、仕事で訪れているから余計かも~?)

まぁ、お手伝い出来ることはコツコツと…って感じですかねー。
よい経験をさせてもらって、私の方こそ感謝しております(笑)。

投稿: 濱祐 | 2012/03/28 00:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5605/54276729

この記事へのトラックバック一覧です: お城ボくんと只見の雪景色:

« 震災から1年後(岩手・釜石にて) | トップページ | 東京の人が考える「がれき処理より必要なこと」 »