« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月に作成された記事

ヱヴァンゲリヲン新劇場版

このアニメーション作品は、論理的な面白さよりも、まず第一に「共感」を呼ぶところが受けているんじゃないだろうか?しかもそれは、この作品を見る人の中にある、物語で語られる似たようなエピソードと経験、その時の気持ちや感情が「シンクロする」からなのかなーと。

新世紀エヴァンゲリオン

物語の主人公は14歳の少年である碇シンジ。長い間離れて暮らしていた父親・碇ゲンドウに呼び出され、第3新東京市を訪れるところから物語は始まります。その時に「使徒」と呼ばれる謎の敵が現れて、父のゲンドウは息子のシンジに対し、汎用人型決戦兵器「エヴァンゲリオン」に乗って「使徒」と戦えと命令。父が自分を呼んだ理由にショックを受け、一度は拒否する主人公ですが、自分が拒否をすれば怪我を負った少女(綾波レイ)が代わりに乗って戦うことになる現実を突き付けられ、主人公のシンジはエヴァンゲリオンに乗ることを決心します――。

……とまぁ、このあらすじだけを読むと、一見よくあるロボット物のお話かと思うでしょうが、物語が進むにつれて、これはそんな生易しい(?)話じゃなくて、ものすごく「生々しい」ものを作品に投影しつつ、「本編」の軸となる肝心なストーリーを展開させているなーと。この作品が面白いと感じるかどうかは、見る人の中にある「生々しさ」の質と量が関係するかもしれません。

ここでいう「生々しさ」というものは何かという、例えば子どもの頃に「(親に言われて)強制的に勉強させられた」経験であり、その時に自分自身はどう思っていたのか、結局は嫌々ながら勉強したとか、勉強する理由もわからずにさせられた、納得して勉強した、勉強することを拒否した、その結果ほめられた、あるいは怒られたなど、誰にでもあるであろう経験と心の動き。「エヴァンゲリオン」を見た人が、共感するか否かの別れ道は、この部分なんじゃないかなと。たぶん、「前向き」度が高く、「後ろ向き」になった経験が少ない人には共感は得られにくい作品でしょうね(笑)。

物語は主人公の碇シンジほか、綾波レイとアスカの3人のエヴァンゲリオンの少年少女のパイロットに、大人の女性であるミサトを加えた4人の人物を中心に話が進みます。それぞれの心に大きな傷を抱え、人とのコミュニケーションが苦手な主人公たちにとって、「なぜ使徒と戦うのか?」、「なぜエヴァに乗るのか?」という問いは、「人類を守るため」とか「敵だから」とか、そんな大義や表面的な話でなく、むしろ自分たちそれぞれの内面の問題として語られて、演出自体も心理描写に重点を置いています。

物語が進むにつれ、その世界設定が「死海文書」を基にした旧約聖書・新約聖書の世界をなぞったカルト色が濃いものであることを、この作品を見ている私たちに明らかにされます。物語の前半では自閉的だった4人の登場人物が、それぞれにコミュニケーションの回路を開いて「絆」で繋がっていくプロセスが描かれますが、後半はある時期からそれが急速に破壊され、凄惨な状況に追い込まれます。そして物語は最終的に自閉的だった登場人物たちを「救済」の方向へ――。

この「救済」の方法が物語の中に出てくる「人類補完計画」で、「エヴァンゲリオン」の名の由来である「Evangel (福音)」というわけです。

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q

今年の秋(2012年11月)に公開される「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」は、2007年9月に公開された「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」と、2009年6月公開の「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」の続編です。それよりも昔にこの作品は、全26話のテレビアニメーション作品として1995年に、その2年後にはテレビアニメーション作品では描かれなかった第25話と26話のストーリーが劇場作品として公開されています。

あれ?これはただのシリーズ?それともリメイクされた映画作品?と疑問に思う方もいるでしょう。基本的にこれらの作品は、謎の敵「使徒」に対して、主人公たちが「エヴァ」に乗って、理由もわからずに戦う不条理な物語であることは変わりありません。が、新たな設定とストーリーで「リビルド(再構築)」したということもあって、新劇場版では、それ以前に語られた「エヴァ/シンジ」の物語とは随所に違いが見られます。別物であるともいえるし、続きともいえる。この物語の結末への過程が非常に楽しみです。大筋では変わらないものの、ラストは変わるかもしれませんね。


| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

Market O リアルブラウニー

韓国旅行でお土産に買って帰る女性が多かったMarket O(マーケットオー)のリアルブラウニーというお菓子ですが、先月ソウルから帰国したら、テレビCMやらそのCMを紹介する販促番組が放送されていて、Market O が日本へ本格上陸&本格展開か…と、ちと感動した私だったりしております。。。

Market O(マーケットオー)のリアルブラウニー

上の写真は韓国で売られている標準パッケージのリアルブラウニー。
ところで「Market O」って何ぞや?という人がいるかと思うので、ちと説明させていただきますと、Market O とは、韓国の大手菓子メーカーであるオリオンが作ったオーガニック・カフェレストランのこと。(たしか狎鴎亭にあるのが1号店だったような?)
もともとはこちらで販売していたメニューをオリオンが今のような製品化をしたところ、有名になってしまったブランドだったと記憶しております。

Market O(マーケットオー)のリアルブラウニー

こちらのパッケージは韓国のサマースペシャルバージョン。
新大久保へ通っている人には「Market O」というブランドは、さほど珍しいものではないと思われますが、故パク・ヨンハ氏が日本のファンに、このリアルブラウニーを配ったことが日本での知名度を上げる一番のキッカケになったんじゃないのかなーと。

おうちでリアルブラウニー

撮った写真の腕が悪くて申し訳ありませんが(汗)、Market O のリアルブラウニーはご覧の通り、ホームメイドスタイルのブラウニー。お菓子としての成形(見た目)はイマイチですが(笑)、オーガニックというだけに、ショートニング、マーガリン、着色料、着香料などを一切使わず、天然素材100%で作ったこだわりのブラウニーなんだなぁ。(だから「リアル」ブラウニーなのね~)

ちょっぴり涼しく(寒く)なってきたこの時期に、濃厚なカカオとコーヒーの組み合わせは、ほんと最高です(^^)。


※日本国内でこのMarket O のリアルブラウニーを取り扱っている店舗情報などは、以下のサイトをご覧くださいませ。これで韓国や新大久保まで出かけなくても買える!←それでも行くけど(笑) [2012/10/25追記]

■Market O リアルブラウニーの公式ブランドサイト

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »